弁護士が電話代行を活用すると便利な理由とは?

弁護士という職業にとって電話という通信手段は欠かせないものです。

依頼者からの法律相談などの多くは電話で受ける場合が殆どですし、特に細かなニュアンスが重要となる弁護士の仕事ではインターネットが普及した今でも電子メールでよりも電話を使った相談の方が多いのが実情です。

しかし弁護士の多くは一人や二人といった最小限のスタッフ体制で切り盛りしているケースも少なくなく、あるいは本人が全ての電話業務を執り行っている場合もあります。

そう言った際、いちばんのネックとなるのがこの電話の応答です。


顧客との面談中などに出るわけにはいきませんし、なおかつ外出中にかかってきたものも取り逃がしてしまいます。


こう言った相談内容が仕事に結びつくことを考えると、電話に応答出来ないことはつまり多くのチャンスを逃していることにもつながります。
そこで活用すると便利なのが電話代行サービスです。



これは自分では応答しきれない分の電話を外注先のスタッフが電話代行として受けてくれるというもの。



もちろん、ただ単に伝言を承るだけでなく、場所や雇用体制は違えども立場は同じ事務所のスタッフとして責任を持って対応してもらえますし、言葉の使い方もきちんと教育されているのでわかりやすく、丁寧で、相手に不快感を与えることはありません。

なおかつ電話代行サービスではかかってきた通話の内容に関してすべて余すとこなく詳細をレポートにしてすぐに知らせてくれますので、仮に緊急の用件で電話がかかってきた場合でもすぐに対応することが可能です。



1日のうちで仕事に費やせる時間には限りがあるもの。


電話の応対に関しては電話代行サービスを利用することで、できるだけ時間を節約し業務を充実させることができるでしょう。