電話代行サービスの注意点

電話代行サービスを使うときの注意点を2つほど挙げておきます。

一つ目は、いつも同じ人が対応するとは限らないということです。


これはうっかりしがちなのですが、電話代行業者という会社に委託しているのであって担当者個人に委託しているのではありませんから、仕方のないことです。

電話代行を依頼しようとしている会社は、そのほとんどが小規模な会社でしょう。

リクナビNEXT JOURNALの情報はこちらのサイトです。

にもかかわらず、電話のたびに応対する人の声が異なることになるわけです。

もちろん、顧客からは1回限りの電話が多い業種とか、それほど頻繁ではない業種では問題ないでしょうが、固定客から頻回に電話があるような業種では、不信感を抱かれることになりかねません。



もう一つは、代行サービスの中でも自分の携帯電話に転送してもらうサービスを利用する場合です。

一般に、顧客に初めから自分の携帯にかけてもらわず電話代行を利用する意図としては、固定電話のほうが携帯電話よりも会社としての信頼感が高まると考えられるからでしょう。
にもかかわらず、転送された場合に自分の携帯電話が圏外、あるいは電源が入っていない場合、その旨の自動応答メッセージが携帯電話会社から流れてしまいます。

電話代行の有益性の紹介です。

顧客からすれば、固定電話にかけたはずがどうなっているのか、とここでも不信感を募らせることになるかもしれません。

これらの対策としては、少なくとも重要な顧客には、電話代行を使っている旨を予め伝えておいたほうがよいかもしれません。